北マレでヴェル二サージュ♪

この記事は約2分で読めます。

私のアパートのキッチンの窓から
近代アートではパリ最大級を誇る美術館【ポンピドゥー・センター】が見えますが

☆PARIS Diary☆

この界隈は、通称ボブールと呼ばれていて、既成概念にとらわれない自由なアートやカウンターカルチャーを発信しているパリでも少し特殊なエリア。

例えばポンピドーセンター横のストラヴィンスキー噴水

あまり日の目を浴びていないけど、とてもキュート♪
天気のいい日には、観光客や若者が噴水の周りに腰掛けて日光浴をしている姿を見かけます。

その噴水横の壁面に、大きな、そしてやや寂しげな感じのコラージュアートがあります。実はこのコラージュ、私の住むアパートに事務所を構えるフォトグラファー・E氏の仕業。(寒くて写真を撮りにいけなかったので、今度撮ってのせます)

この他にも近所の木にコラージュをしたり、この方、各地でいろいろやっていて

北マレで、ストリートアートの個展を開くという事で、
ヴェル二サージュ(オープニングパーティー)へ呼んで頂きました。

☆PARIS Diary☆

☆PARIS Diary☆

とっーてもフレンドリーで優しいE氏は、世界の都市を旅しては、ストリートアートの写真を撮り続けています。
そして、国内外の雑誌やテレビから取材されまくっています。

☆PARIS Diary☆

☆PARIS Diary☆

☆PARIS Diary☆

今回の個展では、E氏の写真の上映、そして彼の仲間の作品が展示されました。
E氏の写真のプロジェクションの一部をご紹介。

☆PARIS Diary☆

☆PARIS Diary☆

☆PARIS Diary☆

☆PARIS Diary☆

ちなみに全てニューヨークのストリートで撮影したそう。
私はストリートアートそのもの、というより写真から溢れ出る色彩にすっかり魅了されてしまいました。
子供の心を忘れない大人とは、こんな人のことをいうのかもしれませんね?

コメント

タイトルとURLをコピーしました