黄色いベスト運動

├ ★ルモンド・ディプロマティック

【フーケッツが燃えた】破壊、略奪、放火…第18週目の黄色いベスト運動【パリのデモ】

1997 - 98年の冬に、ピエール・ブルデューがフランスの失業者運動を「社会的奇跡」と呼び、この運動の最初の成果はその真の存在であると主張しました。 「これは、すべての不安定な労働者に関わる事で、目に見えず、それ故無い事にされて、孤立と沈黙のために、日々その数は増えている...。」
├ ★ルモンド・ディプロマティック

【フランスの階級闘争と黄色いベスト】マクロンと臨時ボーナス

黄色いベストが政府と政治家を相手取ったフランスの階級闘争では、本来なら活発な政治活動から切り離されていたはずの労働者階級に、この冬、フランスのエリートたちが譲歩を見せました。黄色いベストの継続的な人気は、彼らがフランスの政治を再...
├ ★ルモンド・ディプロマティック

【黄色いベスト】インチキ薬〜フランスの最低賃金は本当に100ユーロ上がったのか

2月も半ばを過ぎて、パリの街には暖かな日差しが降り注いでいます。 そんな中、黄色いベスト運動が先週で丸3ヶ月目を迎えました。
├ ★ルモンド・ディプロマティック

【黄色いベスト】物議を醸すフランス警察の武器【催涙弾とゴム弾の威力】

■先週で13週目を迎えた黄色いベスト運動は、ますます激しさを増している様子。 ■抗議運動や暴動を鎮圧するためにフランス警察が使用する「非致死性兵器」とは? ■警察はフランス市民に対してどんな武器を使用している?
├ ★ルモンド・ディプロマティック

【黄色いベスト】すべてが表面化する時【フランスの暴動】

今年に入り既に雪が2、3回降り冷たい雨が続きましたが、去年の11月から始まった大規模な抗議デモ「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト)」、12週目を迎える今日は « gueules cassées » (破壊されたツラ)に捧げられる黄色いベスト運動第12弾 として、"負傷者へのオマージュ"と"警察の暴力"の告発にフォーカスされます。
├ ★ルモンド・ディプロマティック

【黄色いベスト運動】税金に対する怒りの源【フランス庶民と不当な税制】


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました