世の中不況だけど腹をくくれば怖くないと思う

この記事は約2分で読めます。

わー。。。もう27日、早ーい!あっという間に12月が終わりますね。

これから先進国は、今まで経験したことのないような不況の時代に突入するといわれているけど、ベトナムやインドみたいに昔からずっと貧しかった国は、確実に豊かになってきているわけだし、中国は安い賃金で安いものを作り続けて、ついには世界トップレベルのお金持国になっちゃった。

そうして地価も物価も賃金もあがり続けても尚、米国経済を支える中国経済。 今まで先進国に集中していた富が平等とはいかないまでも、ボーダレスに分配されるようになってきて。日本は、ソニーやトヨタのような大企業がなかったころの戦後焼け野原とか、みんなでもんぺをはいて配給のお芋を食べていた当時を思えば(小学校でそう習ったよね)、それ以下の苦しい生活、ってあるのでしょうか。

いざとなればお芋を食べて、生めよ殖やせよ(笑)、欲しがりません勝つまでは、そう言ってゼロから豊かになった日本人。丁稚奉公で健気に生きるおしんが大好きだった日本人です。

18世紀のスコットランドでポテトファミンといわれた食糧大飢饉の様に、大人も子供も大量に餓死するようなことは、少なくても今後100年絶対に起こらなそうだもの。 英国では住宅の価格が35%下がったらしいし、堅実に暮らしてきた人にとってはチャンスだってあるかもしれませんね。

英国政府の動きはかなりクイックで大胆、銀行なんて国営化しちゃうし、(普通に考えたら、国有化ってナンセンス!?昔のソビエト連邦ですか?って思いますから。) 付加価値税を一時的にカットしようという案もあるらしいです。

もともとイギリスって私の中では、不景気で失業率が高くてというイメージ。 で実際に旅行したり、ロンドンに長期滞在してみてイメージ通りだと思ったのです。 特に年配の女性や若い女の子が(移民ではなくて明らかにイギリス系の白人女性が)、単独で路上に座りこみ物乞いをしている光景を見て驚いた記憶があります。

もしかしたら今後、日本にも日本女性の物乞いが出てくることはあるかもしれない。 にわかに沸いた富裕層ブームだとか、富裕層ビジネスはどうなっちゃったのという気もするけれど、日本人の貯蓄は、国民レベルですごいというし、ネットショップの売り上げは、yahooニュースによると今月過去最高を記録したそうです。

明るいニュースを見つけて行くうちに、今後、新たなチャンスがめぐってくることが絶対にあると、私は思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました