【Avignon】夜のアヴィニョン散策【南仏の風ミストラルが吹き抜ける涼しい夜の街へ】

この記事は約3分で読めます。

【Avignon】夜のアヴィニョン散策

 

夜のアヴィニョンを散策しました。
南仏の風ミストラルが吹き抜ける涼しい夜の街です。

通りのあちこちでパフォーマンスをやっていて、1人でもあっという間に時間がたってしまいます。

 

【Avignon】夜のアヴィニョン散策(アヴィニョン市庁舎 Hotel de ville )
(アヴィニョン市庁舎 Hotel de ville )

 

途中の路地で、道に面してくつろげそうな広いテラスのあるレストランを見つけました。

【Avignon】夜のアヴィニョン散策(Librairie L'ami Voyage外観)

(Librairie L’ami Voyage外観)

(Librairie L’ami Voyageテラス)

 

レストランなのに本屋さんのような、本屋さんなのにレストランのようなライブラリーXレストランで、レストランの名前が 『L’ami Voyage』 (旅の友)だなんて、ネーミングが良すぎます。

 

(Photo: Les bons plans d’Avignon)

 

私にぴったりの名前、そう思ってここで食べることにしました。

 

Photo : Pauline Daniel 

 

その時はちょうど私が座ったテラス席の目の前で、エディットピアフのシャンソンに合わせて敵なパフォーマンスをやっていたりして。

 

プロヴァンス地方独特のお料理がメニューにあり、お値段も安くすっかり気に入りました。
この日食べたプロヴァンス地方の代表的な料理、トマトのファルシが美味しかったです。
パンはバゲットではなくて田舎パンなのもGOOD。
 

【Avignon】夜のアヴィニョン散策【南仏の旅】

(トマトのファルシ)

 

L’Ami Voyage
ダイニングルームに本屋さんが併設されたグルメな文学空間。
L’Ami Voyageは地元のフレンドリーなビストロ。
書店ではアートブックや希少価値の高い小説や古本を購入できます。
5, rue Prévôt. 
Tél. : 04-90-82-41-51

 

【Avignon】夜のアヴィニョン散策(Librairie L'ami Voyageテラス)

(Photo: Les bons plans d’Avignon)

 

食事を終えて深夜12時、15分程バスにのって中心地から離れた場所にあるB&B(ホテル)へ向かいます。

ホテルはバス停の目の前でした。

前日に急遽インターネットで予約をしたホテルは、B&Bという名前のチェーンでこんなところでした。

 

【Avignon】夜のアヴィニョン散策【南仏の旅】ホテルB&B
 
なんと、夜21時以降にチェックインする場合はオ-トレセプションといって、完全に無人の機械清算。
お部屋に入る前にタッチパネルの支持に従って、カードで清算します。
フランスにもこんなハイテクなものがあるんですね。

 

深夜12時30分、やっとお部屋に到着しました。
徹底的に無機質な小さな部屋ではあるけれど、シャワーを浴びて清潔感のある大きなダブルベッドで眠れます。

 

WIFIは無料で使い放題、壁に設置された液晶テレビも色々なチャンネルを見れて快適。

深夜に到着して眠るだけの私には、もったいないくらいでなんと、一泊52ユーロでした。

 


 

style=”text-align: left;”>それでは、おやすみなさい...

翌朝にそなえてここでぐっすり眠ります。

 

 

そしてあっという間に朝が来て、外へ出ると気持ちのいい青空が広がっていました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました