Le quatorze juillet☆フランス革命記念日/パリ祭2009☆コンサート編

この記事は約1分で読めます。

昨日の朝は、けたたましい飛行機の音で目が覚めた。
7月14日はフランスの革命記念日
凱旋門パレードの戦闘機が上空を飛んでいる音でした。

☆PARIS Diary☆

そして革命記念日といえば、エッフェル塔の花火!!打ち上げ花火
夕方20時頃エッフェル塔のあるシャン・ド・マルス公園に着くと、
まずは、ジョニー・アリデイのコンサートがいい感じに盛り上がってました。

☆PARIS Diary☆

もちろん、このコンサートは入場無料、出入りは自由ですニコニコ
(おんぷコンサートについて/Le Figaro右矢印)

☆PARIS Diary☆

このおじさん、64歳なんだけどフランスの国民的ロック・スターで、
日本の桑田とか矢沢みたいな人なんだと思う。
度々ゴシップ誌の表紙を飾っていますが、
昔はシルヴィー・バルタンと結婚ラブラブしていたこともあるそう。

☆PARIS Diary☆

そしてジョニー・アリデイの友人でもあるサルコジ大統領、実はこのコンサートで彼に500 000 ユーロという驚愕のギャラを支払いました。( パー当然、税金から。 )
ちなみに、コンサートにかかった費用総額は1000 000 ユーロです。 
( ソース/Le Point右矢印 )

こんな感じのコンサートが終わり、待つこと20分。

☆PARIS Diary☆

22時30を過ぎた頃、いよいよ暗くなってから、エッフェル塔の上に花火が上がります!!

( 花火編につづく)

コメント

タイトルとURLをコピーしました