アンティック・ショップで☆Le dernier combat de lénine☆

この記事は約2分で読めます。

たまたま通りかかったアンティック・ショップのウインドウで、花柄の古いティーカップ コーヒー が目に付いて3畳程の狭い店内へ。

買うつもりなんて無いのだけど、タイムスリップしたようなその空間にふっと吸い込まれてしまい、中に居た二人のムッシューに挨拶をして、アンティックの数々を眺めました。

無造作に所狭しと並べられたたくさんの小物たち、ノスタルジックなその空間がなかなか心地よかった。ニコニコ

突然80歳くらいのムッシューが、私に 『1から10までの数字を1つ選んでみて』 というので私は え、どうして!?と思いながらも 『7』 と答えた。

するとムッシューは、自分の横に積みあげられた古本を、ゆっくりと上から数えはじめて、7番目にある本 本 を私に手渡そうとする。

メガネ 『Le dernier combat de lénine なかなかいい。これ、プレゼントだよ』 

(ムッシュー)

女の子 『?』 (私)

メガネ 『いいんだよ、プレゼントなんだから(笑)』 (ムッシュー)

女の子 『おもしろそうですね。』 (私)

よく分からないけど、ありがたく頂くことに。プレゼント
おじいさん、ありがとうね・・ラブラブ

『dernier combat de lénine レーニンの最後の闘争』 というタイトルの随分色あせた、でも折曲がったページの一切無いきれいな古い本。

( 日本でも出版されていました 右矢印 レーニンの最後の闘争 モッシェ・レヴィン (著), 河合 秀和 (翻訳)  )

ひらめき電球Lenin レーニン(1870-1924)

ブラディミール イリチ レーニン, ロシア革命の最高指導者, ソビエト連邦の建国者、ボルシェビズムの創設者, ボルシェビキ革命の指導者, ソ連の書記長(1918-1924)

レーニン と言えばソ連の政治家という事位しか覚えていないけど、革命の指導者、レーニンの最後の戦い。。。
このムッシューが昔読んだ本なのでしょうか?

モンパルナスのカフェに入り浸るレーニンは、当時、パリの街中で噂だったのでしょうか?

そうでないとしてもムッシューが幼少の頃、リアルタイムでレーニンはヨーロッパ中で名をはせていたのかもしれません。

そう思うと何だか興味がわいてきます。

というか、なぜプレゼントなのかもよく分からないままですが・・・
この本、ひと夏かけて読んでみようかな。

古きよきパリに囲まれて、仲良く語り合う二人のムッシューは親子なのだそう。
ゆっくりと時が流れるその空間にいつまでも居たい、そう思うような静かな夏の午後でした。

☆PARIS Diary☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました