パリのブルガリ展

この記事は約2分で読めます。

随分前に書きかけだった記事が未公開のままでした。

今年一月に行った、グラン・パレでのブルガリ展について。

ブルガリといえば、このエキスポの後、ルイヴィトンを傘下に持つLVMHに買収され、

買収総額は37億ユーロ(約4200億円)にのぼり、

ブルガリ経営者一族が、LVMHの第二位の株主になるということです。

こちらのエキスポでは 故エリザベス・テーラーの目の覚めるような個人コレクションも公開されましたが、彼女がその後、3月に他界したこともまだ記憶に新しいです。

----------------以下、今年1月に書いた記事。---------------—-

今年になり、随分暖かくなったパリ。

☆PARIS Diary☆
☆PARIS Diary☆
☆PARIS Diary☆

コンコルド広場で下車して向かったのはこちら、グランパレのブルガリ展。

ブルガリ125年の歴史が、宝飾品600点のコレクションとともに、一挙に公開されました。

☆PARIS Diary☆
☆PARIS Diary☆

1884年、ローマでの創業当時、ブルガリは銀細工専門のブティックでした。

☆PARIS Diary☆

☆PARIS Diary☆

廊下にはデッサンも展示され、かなり充実♪

☆PARIS Diary☆

私的には、ブルガリといえば【スネーク】のイメージが強いのですが、ありました♪

☆PARIS Diary☆
☆PARIS Diary☆

実物、スネークの数々。。。

☆PARIS Diary☆
☆PARIS Diary☆
☆PARIS Diary☆
☆PARIS Diary☆
☆PARIS Diary☆

そして、70年代のポップな宝石たち・・・

☆PARIS Diary☆

アメリカのポップアート、アンディーウォーホルからインスピレーションを受けた、ラピスラズリとコーラル、ダイアのUS国旗シリーズ。

☆PARIS Diary☆

ヒッピーカルチャーから着想を得た、デモクラシーと
自由の精神を表すという【ロータス】(右から二番目)。1972年のもの。

☆PARIS Diary☆

アジアをモチーフにしたものもありました。下はブッダ。

☆PARIS Diary☆

これは富士山と、松ノ木のモチーフ。(拡大して見てください)

☆PARIS Diary☆

コロンビア産最高のエメラルドを7粒も並べたというネックレスは、合計118,46カラット♪1961年のもの。

☆PARIS Diary☆

中央ににたたかれた3枚の古代ギリシャ・コリントスのコインが描くのは、ペガサスと女神アテネ。

☆PARIS Diary☆

そしてエリザベステーラー個人のコレクションのひとつとして、アランドロンのシガレットケースも。

☆PARIS Diary☆

169粒のサファイアとダイア、色とりどりのネックレス。

☆PARIS Diary☆

また、ブルガリと映画、女優達との切っても切れない関係が、とても興味深いです。

☆PARIS Diary☆

まさに、宝飾品を越えたコンテンポラリーアートの宝庫、ともいえるようなコレクションでした。

☆PARIS Diary☆
☆PARIS Diary☆

☆PARIS Diary☆
☆PARIS Diary☆
☆PARIS Diary☆
☆PARIS Diary☆


Grand Palais 10.01.2011

コメント

タイトルとURLをコピーしました