Bonvoyage – cinema

この記事は約2分で読めます。

久々にDVDを見ました。といっても2年前に買ったものの、英語字幕も吹き替えもなし、完全フランス語仕様で、当時ちんぷんかんぷんだったの。フランス語が多少分かるようになって見てみたらこれがなかなかおもしろかったんです。アジャーニーの美しさもさることながら

細部にちょっとしたどんでん返しあり、時代背景(1942年頃)とのからみ、ドイツ軍のパリ占領、ボルドーへの移動、イギリス逃亡、ドイツのスパイ記者が当時のフランスをドラマティックに想像させる、でもリアルな面白さがあります。

アジャーニーの役どころは、≪女優≫で始め愛人なのですが、パリの自宅アパートが、女の子っぽい豪華なお部屋ですっごく素敵なんです。これインテリアのお手本にしたいよ~♪

もちろん、当時のファッションにも見所があり

終わりの頃には、ジャンポールベルモンドとジーンセバーグの≪勝手にしやがれ≫を彷彿とさせるシーンもあります。
そしてエンディングのアジャーニーの歌がとても素敵なので、ぜひ聴いみてて欲しい♪

この映画、日本で話題になった記憶がないのですが、アジャーニーの美しさが際立つ映画でした。わりと複雑なストーリーを完全に追っていくため、-80%に減速して2回見ました。減速して見ると特に日常会話の勉強になりますね。フランス語字幕があると尚いいです。真剣に語学を勉強している人なら5回~10回くらい見てもいいかも♪

☆Bon Voyage☆ 監督:jean-paul Rappeneau 2003年フランス 1h54

Isabelle Adjani イザベル・アジャーニー
Gerard Depardieuジェラール・ドパルデュ
Virginie Ledoyen ヴィルジニ・ルドワイヤン
Gregori Derangere グレゴリ・デランジェール

コメント

タイトルとURLをコピーしました